埼玉県で注文住宅をお考えならサイエンスホーム草加店

2021/04/18 ブログ

サイエンスホーム草加店です。

 

今回は、最近では珍しくなってしまった、

瓦屋根を使用した木の家を紹介します。

と、言いましても・・・

完成予定は7月中旬予定なので、

今日はひと足早く完成した、住宅模型にてのご紹介になります。

下屋(げや)を用いた古民家風の造り、

下屋とは屋根の一種のことで、母屋(おもや)から差し出してつくられた屋根のことで、「さしかけ」や「さしかけ屋根」とよばれることもあります。

主に、縁側や玄関ポーチ、などに利用されるケースが多く見られ、

屋根がある事によって直接雨に当たらないため、洗濯物を干したり、自転車置き場などに利用できるのが良いですね!

また、屋根の角度によっては夏の暑い日差しを室内に入れない効果もありますね♪

ロフトまである8寸の大黒柱が目を引きます!

階段下のスリット格子も素敵です♪

優しく差し込む光の影がリビングを彩ってくれますね!

そしてこちらの瓦屋根!

ずっしりとした重みが感じられました!!

今から完成が待ちどうしいです。