流山市のこだわりの注文住宅、サイエンスホームです。

2021/01/09 ブログ

流山モデルハウスの道沿い、3軒間に挟んである「かつ太郎」さん。

北関東ではなじみの深い和食レストラン、「ばんどう太郎」を運営している法人のカツ専門レストランです。

会社に近いので「力を付けるためにカツを食うぞ!」という時は利用させて頂いております。

「熟成とんかつランチ(大)」です。

ここのトンカツは肉がとても大きく、そして豚肉とは思えない柔らかさです。

脂もしつこくなく、ペロリと食べられます。

もちろんご飯、キャベツはお代わり自由。

とは言え、ご飯は21穀米を選択しました。

やはり年ですから、カロリーを気にします。

ゴマを摺った鉢にソースを入れ、カツを浸して食べます。

衣も立っていて良いカツです。

一緒に運ばれてくるこれは何でしょう?

カツをつける為の塩です。

漫画、「ザ・シェフ」の味沢匠も「カツはレモンを絞り、塩で食べるのが一番の旨味を感じられる」と言っています。

私もこうやって出されたので初めて体験しましたが、確かに肉の旨味をよりストレートに感じられて美味しいです。

上から塩を振りかけると、どれだけかかったかが分かり辛いので、この皿に広げて出すというのは良い方法で感心しました。

流山市で旨いカツを食べたいなら、こちらのお店は間違いがありません。

お近くにお越しの際は是非。