住宅資金はまずは足元からの見直しを

2020/11/19 ブログ

サイエンスホームの渡邊です。

 

最近こんな記事を見にしました。

「携帯乗換え アドレス維持」

総務省が携帯料金の引き下げの競争を促そうと色々やっているのを聞きます。どうやら以下の要請を行うようです。

・キャリアを変えてもメールアドレスを維持できる

・オンラインで回線を切り替える「eSIM(内蔵SIM、自身で端末情報登録可能、これにより電話番号を2つ持たせたりすることが可)」への対応

・SIMカードの電子化

 

キャリア切り替えで、安くなるとわかっていても、手続きや引き継ぎが面倒でなかなかやらないですよね。

ですけど、メールが不都合なく持続して使用可、SIMロック解除といった手間もなく使えるようになればもっと楽にキャリア変更ができますね。

 

月々の固定費見直しは家庭のお財布事情に直結します。

政府も国民に分かりやすい政策で支持率向上を狙っておりますね。大歓迎です!ぜひぜひ突き進んでいって下さい。

 

  • 埼玉の注文住宅はサイエンスホーム東日本