注文住宅で木の家を建てるならサイエンスホーム 『軒下②』

2020/09/14 ブログ

昔から日傘は重宝されてきました

 

 

サイエンスホームの渡邊です。

箱のかたちには意味がある『軒下』

 

夏のぎらついた太陽から肌を守るため日傘をさします。日傘は紫外線をカットするだけでなく、照りつける直鎖日光を遮断して小さな日影を作り出し、夏のさなかであってもわずかにそよぐ風を心地よく感じさせてくれます。

屋根は主に建物が雨に濡れるのを防ぐ物ですが、その延長にある軒は、同時に日照の調整を担う日傘の役目も果たします。

 

 

照りつける太陽がまぶしい夏の日中でも、部屋の中は意外と暗かったり、雪の降る寒い冬でも晴れた日には部屋の奥まで日が差し込んできたり

季節による日の高さの違いを軒下を上手く利用して、日照を調節しています。

  • 埼玉の注文住宅はサイエンスホーム東日本