注文住宅で木の家を建てるならサイエンスホーム 『継手・仕口』

2020/02/22 ブログ

こんにちは、サイエンスホームの渡邊です。
木造住宅の基礎知識講座

【継手と仕口の種類】

木材の架構では、接合部が構造強度を決める上で非常に重要です。

木造の接合方式は3種類

①接着による接合

(合板同士などには使われることがあるが、構造材同士では使用禁止)

②継手・仕口による接合

③継手・仕口に接合金物で補強する接合、または金物による接合

 

木材のつなぎ合わせにはいくつか種類があり、大きく分けると【継手と仕口】です。

 

木材を部材方向に接合するのが継手

部材を直角に接合するのが仕口

 木材の組み方によって、かなりの強度を確保することができます。

梁だけでなく、柱もつなぐことができ、足元が腐った柱の腐った部分を取り除き、新しい木材を継ぎ足して強度を確保するということも可能です。

 

  • 埼玉の注文住宅はサイエンスホーム東日本