埼玉県で注文住宅を検討中に方は是非サイエンスホーム鴻巣店へ♪

2020/02/01 ブログ
鴻巣展示場

サイエンスホーム鴻巣店の大嶋です!(^^)!

 

 

最近、というか30歳を過ぎたあたりから1年が経つスピードがまたグッと

加速した様に感じる今日この頃です。

 

 

1年はあっという間だね~、なんて会話をすることは日常よく耳にしますが

年々早まっている気がしてここ最近はえ?もう一週間か、、、なんて感じる

瞬間も多々あります。

 

 

原因はなんだろうかと少し調べてみましたが

 

 

理由①

基本的に人生は進むにつれて1年(1日でもいいですが。)という時間がその年齢に占める割合

が変わっていくから。

例えば3歳児における1年は割合として33%としてかたや40歳となると2.5%となり。

割合が薄くなる程、体感する時間の速度が上がっていくという理由が一つ挙げられています!(^^)!

 

 

 

理由②

「新しい経験が減っていくから。」

これでも時間の経過が早く感じられるみたいです。

心ときめく瞬間に充実感からその時を生きている実感が湧くそうで

その繰り返しがあればあるほどしっかり時の経過を実感できるそうです。

 

ん~、これはそうかもしれないですね~(^_^;)

 

 

理由③

「単純な老化現象」

 

これきついですね(笑)

しかし一番科学的な根拠があります。

デューク大学のアドリアン・ベジャン教授という方の論文によると

人間は年を取るにつれて人間の精神が取得する「イメージ」を処理する

スピードが遅くなり続けているからだそうです。

 

 

人はイメージや物事を処理するのに、網のように張り巡らされた神経と脳の神経細胞

は成熟するにつれ規模と複雑さを増していき、信号はより長い経路をたどるように

なるそうです。

信号がたどるネットワークは年とともに衰えていく上、信号が通る経路が長大化すること

で電気抵抗も増えていきます。

 

 

その結果、人間は年を取るにつれ、処理する新しいメンタルイメージが減っていくと言われています。

 

幼児は大人よりもイメージをより早く処理し、より多くの情報を入手して統合しているのだそう。。。。

 

 

 

なので大人になるにつれてイメージの処理する個数が減っていくために、時間の経過が早く感じる

そうです。

 

 

ちょっと話が難しいww

 

 

ですが、子供の純粋さを理論的に解説しているみたいでおもしろいですね~。

 

 

 

 

この結果を受け私は、

 

 

とりあえず早く過ぎる時間を楽しむしかないな。

 

という結論に至りました(笑)

 

 

ではまた~

 

 

 

サイエンスホーム鴻巣展示場
TEL:048-598-8688
(大嶋直通)070-5587-4151
鴻巣市八幡田742-2
★土・日・祝は10:00~17:00まで常時展示場をご覧いただけます。平日見学希望のお客様は事前にご連絡下さいませ(^^)/