常磐線でこだわりの注文住宅ならサイエンスホームへ

2019/11/30 ブログ

常磐線沿線居酒屋の旅、今回は上野駅です。

上野には数々の名店がありますね。

大統領、カドクラ、肉の大山…

知っている人は知っていますが、これらの有名店は同じ通り沿いに纏まっていて、私もいつもその辺をふらふら散策して店を決めるのですが、その日は試しに逆方向に歩いてみました。

そこで見つけたのがこの店、「おとんば」さん。

実は北千住にもあって、私が北千住に住んでいる頃、もつ焼きの名店として人気があるのは知っていたのですが、つい入り損ねていたお店でした。

これも何かの縁と思って突入しました。

私の印象ですが下町酒場の飲み物メニューは左上の目立つ所にビールではありませんね。

いきなりハイボールを勧めてくるストロングスタイル。

その手には乗らないぞとバイスサワーを頼みました。

大田区のコダマ飲料が販売している業務用割り物、「バイス」で焼酎を割ったものです。

バイスとは「梅酢」をカタカナにしたものですが、酢を使っていないという事実を最近知りました。

先ずはおつまみにネギメンマを頼みました。

これがピリ辛でとても美味しい。

最初に頼んだバイスサワーは瞬殺で無くなってしまいました。

内臓系が名物のお店なのでレバー3種というメニューを頼みました。

レバ刺し、レバーペースト、レバーパテが乗っています。

この際「レバ刺しはいいのか?」という野暮は言わない事にしておきました。

何となく湯引きしている様ですしね。

どのレバーも絶品です。

シロコロホルモン鉄板焼きは、もうもうと立ち上る湯気と共に提供されました。

やはりホルモンと言えば腸系は外せませんね。

沢山の玉ねぎも嬉しい一品です。

串も頼みたくなったので「ちれ」をいただきました。

ちれとは脾臓の事。

この部位を出すお店はなかなか巡り合いませんが、メニューにあったら必ず頼みます。

ハラミの様な肉の旨味と、それでいてトロッと蕩ける柔らかさを併せ持つ部位です。

今日の記事はここだけでも覚えておいて下さい。

先ほどのちれが美味しかったので、「ちれとろユッケ」もオーダー。

生にすると更にトロッとした感じが増して、口の中であっという間に消えてしまいます。

普通のユッケより私はこちらの方が好きかもしれません。

写真では差が分かり辛いですが、こちらは「カシラ」。

これらの美味しい串が全て90円。

もっと早く北千住の店に行っておけば、もっと早くお気に入りの店になっていたと思います。

新たな発見が出来て得した気分になった上野の昼下がりでした。