TX沿線で注文住宅を建てるならサイエンスホーム流山店へ

2019/08/25 ブログ

不定期掲載TXの旅。

今日は浅草駅の裏路地の蕎麦の名店をご紹介します。

 

あれ?

常磐線の旅とか言っていなかったっけ?

とか言う野暮なご仁は置いて行きます。

決してネタが無くなって、たまたま携帯に眠っていて使い道のない写真をブログに上げようなどなどという不純な動機ではありません。

 

トップ写真にあるのは浅草「翁そば」さん。

大正3年に創業だそうです。

誰が見ても蕎麦屋以外に間違う事の無い様な内観。

とてもホッとします。

浅草演芸場が近く、落語家さんや若手芸人さんも良く訪れます。

昼はほぼ満席。オープンと同時に入るのが吉。

ここの蕎麦は自家製麺。

平打ちの太さのある蕎麦で、しっかり歯ごたえがある麺です。

「蕎麦を噛みしめる」という感じでガシガシ食べる麺。

顎の弱い人は疲れるかもしれませんね。

この店で頼む蕎麦は、初めてならこれで一択。

『カレー南蛮そば』

戦前のレシピで作ったというスパイスの効いたカレールウは辛口。

どんぶり一杯に盛られて出てきます。

具は玉ねぎと鶏肉のみ。

鶏肉が思ったより入っていて、もう無いだろうと食べ進んでも出てきます。

何より先ほどの蕎麦とカレールーが一体になると凄い。

どうですか?この麺へのルウの絡み付き具合?

平打ちの若干起伏のある麺がカレーをキャッチして離さない。

それがうどんではなく蕎麦というのが良いですね。

箸が止まらないですが、食べ進むうちに辛さがだんだんと…

終わるころには汗だくです!

暑い夏のじめっとした汗ではなく、スパイスの刀で切られた様な汗!

是非暑い夏に食べて頂きたい。

「夏にわざわざ熱い蕎麦なんか食べられるか!」などという我儘な紳士淑女に朗報。

「ルー別」と頼んでみて下さい。

問題解決ですね。

まだ熱い?

そんな人は最終究極呪文を授けましょう。

「カレー南蛮・ルー別・ひやあつ・玉落とし」

これで頼んでみて下さい。

しかしこれだけ旨いものが650円ですよ?

旨いものは高級な美しい皿に乗って出てくるとは限らないですね。